MENU

赤線街路〜昭和33年の初雪〜

"
タイトル赤線街路〜昭和33年の初雪〜
品番views_0140
タグ恋愛,乱交,デモ・体験版あり,時代モノ,シナリオがいい,音楽がいい,世界観がいい,冬が舞台のゲーム
メーカーC-side
発売日2009/02/23
販売数
お気に入り数305
レビュー数2
レビュー平均点0.5

【C-side】胸女子校生とおじさんが乱交するエロゲ

終戦から10年。日本には恋することを禁じられた町があった。 その地域は赤い線で記されていた事から、 「赤線」と呼ばれていた。 昭和33年、赤茶けた夕日が照らす煙突の街、東京。 その一角に「赤線」と呼ばれ、 街の人々の性欲と侮蔑を一手に引き受けている区画があった。 窓の外まで漏れ出る嬌声と罵声…… そんな喧騒の中、オート三輪を駆る少年が居た。 まだ幼さの残る彼の目に映る色街と、そこに居る人々の生き様、 昭和30年代という空気を描ききるノスタルジック恋愛AVG。

赤線街路〜昭和33年の初雪〜
""""""

主人公がとっても世間知らずで軟弱。 ずっとはじめに寝たヒロイン(娼婦)を思い破天荒な行動を起こす。 それも全部迷惑な形で。 娼婦は娼婦なりの生活があるし、それらを守るオーナーの気持ちもある。 けれど主人公は分からない。だから見ていてイライラしてしまう。 その点で☆をマイナスに引きたくなったが、これはそんな主人公の成長を描いた作品なんだろうな、と思う。。 捨てキャラもなく男キャラがよかったのはめずらしく、ちょっとした群像劇。 だからすごくエロ!という話ではない。 だからそういうのを期待する人には向かないかもしれない。 ちょうど良いプレイ時間、かつ少し曲がった青春ものをみるのには適しているゲームかも?

トップ