MENU

アイよりアオい海の果て

"
タイトルアイよりアオい海の果て
品番torp_0041
タグアイドル,ギャグ・コメディ,恋愛,デモ・体験版あり,DL版独占販売,ファンタジー,シナリオがいい
メーカーAXL
発売日2018/01/19
販売数
お気に入り数901
レビュー数3
レビュー平均点0

【AXL】ロングヘアアイドルのケツの穴がエロいエロゲ

地殻変動や温暖化による海面上昇で国や文明が滅んでしまった未来の地球。 生き残った人々には技術も人材もなく、大昔の艦をデータから復元してそこに残っていた水素エンジンを積み込んで逃げるように海に出た。 それから長い長い時が経ち、人類は自動航行装置と自己修復機能で永遠の時を進み続ける船上に町を作りかろうじて生き残っていた。 主人公たちはそんな船の上の町で暮らす少年たち。 船の上には娯楽も乏しく学校もない。 勉強するより親を手伝え、畑を耕し魚を釣り道具を直せと言われる。 楽しみといえば月に一度だけ船が寄港する海上マーケットで、何に使うのかもわからない大昔の漂流物を眺めるくらい。 そんな閉塞気味な世界で鬱屈とした日々を過ごしていた。 ある時、主人公は大人たちが「絶対に入ってはいけない」と言う船の機関部に足を踏み入れる。 そこで大昔の映像を見る。 大勢の子供たちが集まり楽しそうに過ごす、学校という場所の光景があった。 色とりどりの衣装を身に纏い歌って踊る女の子たちがいた。 それは、今はもうほとんど失われてしまった『文化』の光景だった。 さらに主人公はカプセルの中で眠る女の子を見つける。 彼女が着ているのは先ほど見た映像の服とそっくりだった。 主人公が触れると、なにかを認証したようにカプセルが開く。 目覚めた女の子は記憶のほとんどを失っていたが、たった一つだけ覚えていることがあった。 それは、自分が‘アイドル’であるということ。 アイドルとは歌って踊って、笑顔を振りまいてみんなを元気にするのが仕事だ。 そうして主人公はこの自称アイドルと共に海の上に浮かぶこの小さな世界に、文化を復活させるため奔走することになる。 彼女は言う。 『アイドル』をやるのだ――と。

アイよりアオい海の果て
"""""""""""""""""""

良くも悪くも安定感のあるメーカーだったAXL しかし今作はひどいと言わざるを得ない。 ゲームのレビューなんか書いたことないけど書きたくなったレベルでひどい ・主人公は使い古されたヘタレ鈍感主人公 見ていて不快 ・サブキャラの男の声がうるさい!! ギャグがつまらない…不快 特定の人物の音量を0にするのは久しぶりです。 王耳のうるさくてスベってる人と中の人は一緒。 ・セリフやモノローグの説明がくどい くどすぎる この手のゲームをプレイしていて、 説明がくどくてCtrlキーを押したくなったのは始めて! わかりきった事をぐだぐだダラダラ説明する。 そんでキャラクター達もわかりきった反応をする。 例えば火をつけるライター!皆さんよくご存知ですよね? そんな便利な道具を、ライターを知らないジャングルの原住民に見せたら、 どんな反応するかなんて分かりきっていますね。 でもこのゲームにおいては、登場人物たちが原住民に該当し、 プレイヤーは置いてけぼりで、 ライターの研究や、活用方法で盛り上がる演出を延々と見なければならない。 ネタバレになるので詳細な事は書きませんが、 このようなダレる演出を連発する。 主にこれがキツい ・上記の演出の影響でモブキャラ(グラフィック無し)が不快 モブキャラうぜーって感じたのも記憶にない。 敵キャラでもないし、足を引っ張るわけでもないし、 嫌がらせしてくるわけでもないのに単純に不快。 ・ヒロインはかわいい かなりかわいい だから☆1にはしない…

トップ