MENU

時計仕掛けのレイライン −朝霧に散る花−

"
タイトル時計仕掛けのレイライン −朝霧に散る花−
品番spal_0085
タグ女子校生,恋愛,ミステリー,デモ・体験版あり,萌えゲーアワード2015,受賞作品,AMUSE,CRAFT,萌えゲーアワード受賞作品,ファンタジー,学園もの,伝奇,キャラクターがいい,シナリオがいい,音楽がいい,世界観がいい,1,999円キャンペーン
メーカーユニゾンシフト
発売日2015/05/11
販売数
お気に入り数4803
レビュー数35
レビュー平均点4.5

【ユニゾンシフト】まな板おっぱい女子校生のクリトリスがエロいエロゲ

夜ごと学園に現われていた『夜の世界』は崩壊し『夜の生徒』たちは消え去った。 20年前に起こった学園での火事が、すべての原因ではないかと考える主人公たちは、 『夜の生徒』として消えた仲間と再会するためにも、事件の詳細を調べ始める。 一方、姿を消していた学園長は、『夜の世界』を復活させるために密かに動き出した。 学園にまつわるすべての謎が、いよいよ明らかに。

時計仕掛けのレイライン −朝霧に散る花−
"""""""""

いやマジで、なんでエロゲで出したんこれ??? 上中下を並べて本棚に置きたいレベル。 発売からVitaのコンシューマ版では三作おまとめで一本に! さらに追加シナリオあり。 2021年switchでフルHD高画質版発売。 もう、最初からそれでいいじゃねぇかよ(歓喜 エロはないと物足りないので、コンシューマ版よりも原作(PC)派だけどきっと買う。絶対買う。 さて、話を今作に戻して……これもうネタバレなしでは魅力語れねぇだろと思いますが、ネタバレありはほかの方を参考にしてもらいましょう。 これまでの伏線をすべて回収しながら進んでいく物語。 ところどころに設置された伏線はまさしくタイトルのとおりレイライン。 読み応えがあってよかったです。 今回はエロシーンも微増(過去のヒロイン分なので1キャラあたりは結局すくない) 評価を下げる気はないけど、結構チート感のある進行(魔女ってそういうものだからね)でした。きれいな終わり方をしている分ほんとに完結しちゃったんだとちょっとロス気味。 学園編(夜世界編)が終わってもまだまだ、シリーズつづけて欲しい。 サブヒロインたちはおまけのような扱いだったし、モー子ルートに入らない世界線とか、もっとちゃんと、サブヒロインたちをメインにしたシナリオとか期待したかった。 あと(ネタバレ判定つくかな?)物語の過去、根幹として道具は道具でしかなく、ホムンクルスは人のようだけど人ではない。人として扱い人のような魂を得ることは不幸でしかないというのが不満。 高機能AIや不死者を題材とした作品の多くでも同じようなことは語られ、それでもつかの間の幸せに身を寄せたり、輪廻の果てに再開を約束をしたり、ともに死ぬことを選んだり、いろいろな方法を選ぶけれど、ホムンクルスもほかの遺品も道具でしかなく使用者の思うとおりにしか動かない偽りの存在とする……。 よし、書こう二次創作!

ストーリー ☆☆☆☆☆ (5/5) キャラ   ☆☆☆☆  (4/5) CG     ☆☆☆☆  (4/5) 音楽    ☆☆☆   (3/5) おすすめ度 ☆☆☆☆☆ (5/5) ・ストーリー 初に一言、面白かった! 色々推理しながら話を読んでいきましたが、ことごとく予想を裏切られました。(もちろんいい意味で)黄昏・残影の何気ない日常の会話がこの朝霧の割と重要な事に関わっていたりと前作をもう一度読み返したくなりました。 伏線の回収もしっかりとしており、ラストは救いがあり「良かった」と心の底から思えました。 ・キャラ モー子の可愛さもましましなので買って損はないと思います。3部作通してのメインヒロインなので愛着が半端ないです。 ・CG 悪い顔してる二人ちゃん最高! この朝霧をプレイ後にもう一度、3部作を最初からやりたいと思えるような作品でした。 少しでも面白そうと思ったのならプレイすることを推奨します。

エロゲとして期待しなければ面白い だが主人公では無くヒロインのが活躍してるのが気にかかった

トップ