MENU

BITTERSWEET FOOLS

"
タイトルBITTERSWEET FOOLS
品番minori_0008
タグノベル,恋愛,デモ・体験版あり,DL版独占販売,Windows10対応作品,CGがいい,キャラクターがいい,シナリオがいい,外国人,世界観がいい,複数視点
メーカーminori
発売日2019/04/12
販売数
お気に入り数918
レビュー数1
レビュー平均点0.5

【minori】ペチャパイの外国人がハメ潮するエロゲ

<<01>> 芸術と歴史に彩られた街、フィレンツェ。 イタリア中部に位置するこの大都市で、3人は共同生活をしていた。思慮深く物静かな青年パレルモ、無愛想な元警官の男エリチェ、そして面倒見がよく仕切り役でもある若い女性シエナ。 家族でも親戚でもない彼ら3人は、この街である仕事をして生計を立てていた。 その‘‘仕事’’とは、ある組織から依頼される諜報活動。彼らは、組織のリーダーであるニコラという人物の下、危険を伴う任務に従事していた。 それぞれの名前も、イタリアの各都市から取った偽名である。 そんな3人の暮らしの中に、レーニエという4番目の同居人が加わったのは最近のことだ。 「自分の知らない、外の世界が見てみたい」そんな思いを抱き、ほんの暫くの間だけ、というつもりで、ある日故郷を飛び出した彼女。 しかし、世間知らずな女の子のこと。各地を転々と見て回るうち、すぐに精魂尽きてフィレンツェの教会で倒れてしまう。 そんなレーニエを偶然助けることになったのが、現在の同居人・パレルモであった。これをきっかけとして、この4人での共同生活が始まったのである。 <<02>> 一方、フィレンツェで暮らすレーニエを探す者がいた。彼女の名はフランチェスカ。レーニエの親友である女の子だ。 ある日突然、‘‘外の世界’’に憧れて故郷を飛び出した親友に対し、彼女の方はむしろ、外の世界とは世俗的で軽蔑すべき場所、という考えを持っていた。 そんな彼女としては、親友の行動は理解しがたい危険なものに思え、軽率に飛び出していったレーニエを探し出して連れ戻さなければ、と彼女自身も親友と同じ世界へと旅立ったのだった。 案内役にセスという名の青年を連れて。 <<03>> そうしてレーニエとフランチェスカの2人が辿り着いた場所、フィレンツェ。そこには、アランという若き殺し屋がいた。 かつては、マフィアの一員として抗争の日々を送っていた彼。 しかしある出来事を境に姿を消し、現在はこの街の片隅で、ひっそりと暮らしていた。だが、彼のそんな生活は、マフィア幹部の孫娘であるティを預かった時、ひとつの変化を迎えることになる。 もっとも、その変化は、彼がかつての同朋・セスに出会ってからのそれと比べれば、ほんの小さなものに過ぎないのだが。 パレルモと暮らすうちに段々と彼に惹かれ、この場所を離れたくない、という気持ちが芽生え始めるレーニエ。 セスと共に彼女を探し、連れ戻そうとするフランチェスカ。 そしてセスの旧友アランと、彼に預けられているマフィア幹部の孫娘ティ。 彼らを中心として、様々な人生が交錯し、物語は大きな展開を迎えようとしていた。 …このフィレンツェという街を舞台として。

BITTERSWEET FOOLS
""""""""""""""""""""

メインビジュアルは相田裕さん。 イタリアを舞台にしたマフィアさんやら殺し屋さんのお話。 発売されたのは2001年なんですが、 作中の雰囲気とBGMに浸りたくなって、今でも定期的に読み直す作品です。

トップ