MENU

赫炎のインガノックFVR 〜What a beautiful People〜 Fullvoice ReBORN

"
タイトル赫炎のインガノックFVR 〜What a beautiful People〜 Fullvoice ReBORN
品番bpartner_0031
タグけもの娘,ロボッ娘,バトル,ファンタジー,SF,Windows10対応作品,CGがいい,キャラクターがいい,シナリオがいい,音楽がいい,世界観がいい
メーカーライアーソフト
発売日2016/02/12
販売数
お気に入り数520
レビュー数1
レビュー平均点0.5

【ライアーソフト】おしりがエロい褐色ビッチがハメセックスするエロゲ

『──誰かが夢見た世界。 ──いつか夢見た世界。 ──けれど、こんなにも猥雑で、残酷で、憂いに満ちて。 ──眩しいほどに輝いて。』 異形都市インガノック。 積層型巨大構造体から成る完全環境都市(アーコロジー)であったそこは、10年前に発生した『復活』ですべてが歪んでしまった。 人も、木々も、機関(エンジン)の排煙による灰色に満ちた大空さえも。ひとつだけであったはずの太陽は、ふたつになって。 恐るべき幻想生物たちが姿を顕し、都市を豊かたらしめる蒸気機械文明さえもが、歪み、時に異形と化して人々を襲った。 かろうじて変異を免れたのは、貴族の住まう都市上層のみ。インガノックのごく僅か。 100万を超すと言われる人口が密集する都市下層は、今日も、地上に存在しえないはずの異形と奇病、異常なまでに発達した暴力的な機関技術が満ちあふれて。 歪んだ空から発生した無限の霧は、都市を完全に孤立させた。 孤立都市にして、異形都市。インガノック。 巡回医師ギーは、今日も都市を歩く。 弱者絶滅を謳う上層貴族の定めた『死の都市法』を無視し、歩き続け、下層の人々を診療し続ける。昨日も、今日も、明日も。 両手からこぼれ落ちていく無数の命を見つめて。 10年前に失ったものが、一体何であるのかを確かめるように、歩き続けた。 ──そして、出会う。 ──ふたりに。 ひとりは、少女。インガノックの混沌をまるで知らない、黒の少女。 その名はキーア。人が忘れた『笑顔』を絶やさぬ娘。 もうひとりは、影。すべての幻想を失った都市において唯一語られる、『おとぎ話』の登場人物。すなわち、万色に変化する鋼の人影。 その名は『奇械』。 人ならざる鋼の影。 異形を砕く刃の手。 人に『美しいもの』をもたらす、インガノックただひとつの希望── Liar-softスチームパンクシリーズ初期3作品がひとまとめにっ!! 本作と『蒼天のセレナリア』『漆黒のシャルノス』がフルボイスで甦る! お得なセット『 』はこちら!!

赫炎のインガノックFVR 〜What a beautiful People〜 Fullvoice ReBORN
""""""""""
トップ