MENU

オレは、触手ブリーダー 〜寄生触手で苗床化する女たち〜

"
タイトルオレは、触手ブリーダー 〜寄生触手で苗床化する女たち〜
品番aman_0158
タグ巨乳,辱め,触手,デモ・体験版あり,ファンタジー,Windows10対応作品
メーカーアパタイト
発売日2017/12/08
販売数
お気に入り数479
レビュー数1
レビュー平均点0.5

【アパタイト】まんこがエロい金髪触手が中出しするエロゲ

「離しなさい、このっ……!」 魔界にある、とある地下室。 全身に絡みつく触手にどうにか抵抗すべく、悪滅師【青月昌子】がもがいている。 昌子は‘悪しきもの’との戦いで不覚を取り、引きずり込まれてしまったのだ。 「くっ……あの子がいれば、こんなことにはっ……」 脳裏をよぎるのは、頼れる相棒――【芦屋ミチル】。 ちょっとした意見の衝突をきっかけに単独行動し、そして失踪した少女だ。 あの子さえいれば、こんな触手なんて……! 昌子が内心で嘆いたとき、地下室に1人の少女が入ってきた。 「お久しぶりでぇす、昌子さん♪」 「ミチルっ……!? あなた、どうしてここにっ……」 それは、失踪したはずのミチルだった。 昌子は助かったとばかりにミチルに声をかける。 しかしミチルは、可愛らしくもどこか薄ら寒い笑みを浮かべるばかりだ。 「くくく、無駄だぞ。その娘はすでに俺の虜よ」 「っ!? 貴様、何者だっ!」 いつの間にかそこに存在していた、異形と言うべき姿――悪しきもの。 異形は、触手に絡みつかれた昌子を見下ろし、いやらしいと笑みを浮かべていた。 「俺の名前はギニョル」 「触手の王であるニョルヒム様にも認められた、超一流の触手ブリーダーだ」

オレは、触手ブリーダー 〜寄生触手で苗床化する女たち〜
"""""
トップ